フルタイム夫婦の徒然日記

フルタイムで働く夫婦の日常を記すブログです☆

【『ムーブ・ユア・バス』感想・内容】アメリカ式の働き方?良し悪し

『MOVE YOUR BUS(ムーブ・ユア・バス)』RON CLARK(ロン・クラーク)著

読書記録です!

 

ムーブ ユア バス

ムーブ ユア バス

 

 

 ざっくり要旨

 組織で取り組むべきプロジェクトをバスに例え、プロジェクトを成功に導くための方法を述べている本です。著者はアメリカの小学校教師なのですが、28歳にしてディズニー社が選ぶ全米最優秀教師賞を受賞し、その後は教師の育成にも取り組んでいます。その「成功するチームの作り方」論は実業界にも活かせる、と話題になり、有名企業がこぞって学びにやってくる…という、その方法論がわかりやすく本になっているわけです。

 この本では、プロジェクトに携わる人々を5種類に分類しています。イメージとして、バスの足元に穴が開いていて、自分たちの足でバスを動かしている、という感じ。

 

 1.ドライバー:そのグループのリーダー

 2.ランナー:成績優秀者。その実力でバスを動かす。

 3.ジョガー:働き者。ランナーには及ばない。

 4.ウォーカー:足を動かすが推進力にならない。

 5.ライダー:バスに乗っているだけのお荷物

 

なるほど、役職ではなくて能力での分類、なんとなくイメージしやすいです。自分はジョガーかウォーカーに位置するかなー、と思いながら読んでいました。

 なおこの本はドライバー、つまりリーダーからの目線で記されています。ドライバーは、ライダーを頑張って動かそうとするととても時間と労力を使うが、その割にはバスの速度はほとんど変わらない。ところが、ランナーに手をかけてあげるとバスの速度は速くなるし、それに触発された周囲のメンバーも早く足を動かせるようになる!というのがこの本の基本的な考え方。

 だから、ランナー以外のメンバーは、誰でもできるような仕事を引き受けてランナーの負担を軽くしてほしい。また、報酬を与えたり機会を与えたりするのは、当然ランナーが優先。実力に応じた対応をするのが平等だ、というスタンスです。

 そして、読者にはランナーを目指してほしいし、そうでないならどう振る舞うことが求められているのか、ということも書かれています。

 

感想

 読み終わった感覚としては、とても参考になる部分もあったけど、ちょっと息苦しさを感じました。

 

 なぜ息苦しかったかは次の通り。

 営業や工場などと違って成果を数字で評価しにくい場合、どのように社員を評価するか…それが上司の評価に一存してしまうと、上司の機嫌取りが大事になってしまいます。ロン・クラーク式では、上司との相性で評価が変わってしまうところが気になりました。息苦しさを感じたのはこの部分。

 良いな、と思ったこともあります。

 タスクを早く片付け、さらに追加のタスクもこなせると、どんどん評価してもらえる、となれば、頑張る気が起きます。これがタスクをこなしただけ追加のタスクが与えられるにも関わらず、周りと給料や評価が大して変わらない、となるとやる気もそがれます。今の会社はまさに後者。 

 

 また、ちょっと気になったのは、仕事できる社員の仕事例が次のような感じだったこと。「私が突拍子もない提案をしたとき、ランナーの一人が実現してくれました。彼女は自分でホームセンターで材料を買ってきて作って、自分で配達して、予算と納期に合わせたのです」こんなゴリ押しで評価してもらえるの…。まぁ、確かに、忙しいとなかなか手を動かすことってできないものです。だから、フットワークが軽いっていうのは尊敬します。おそらくそのやってみせる精神の話をしているので、おかしくはないのでしょうが、これも上司の機嫌取りの必死さを感じてしまって、ちょっと息苦しい…

 

まとめ

 最近仕事が忙しすぎて、深夜残業と休日出勤が続く身には、ちょっとだけげんなり要素がありました。私は自分に与えられたタスクを、これでも達成できていないので…。仕事に余裕があるときに読むと、やる気が出たかも!

 組織の在り方について考えるのには、とても読みやすいのでオススメです。